ガーリー系ファッション誌

ガーリー系ファッションを主に提案しているファッション雑誌は、bis(ビス)と LARME(ラルム)です。 その他の女性誌はガーリー系ファッション以外も掲載しており、ガーリー系に特化しているというわけではないので、誌面について誤解のないように注意して下さい。 また、ガーリー系のファッション雑誌について検索すると、ガーリー系ファッションに特化していない雑誌をガーリー系ファッション誌として紹介しているサイトがあります。

ちなみに、ガーリー系ファッションとフェミニン系ファッションについて区別ができていない方が、系統(スタイル)の解説をしてしまうと残念な結果になることがあります。 また、ガーリー系ファッションとロリータ(ロリィタ)についても同様に、区別ができていない方が個人的な感想で解説もしくは言及をしている場合もあるので、 検索エンジン等で調べるよりも詳しい人に聞く or 詳しい人が書いた本を読んだ方が理解しやすいと思います。

その他のガーリー系ファッション誌

ガーリー系~大人ガーリー系ファッションも含めて幅広く掲載している雑誌を紹介します。 基本的に、bis(ビス)や LARME(ラルム)とは異なる方向性になっていますが、気になる雑誌があればチェックしてみて下さい。 また、10代前半(ローティーン)向けのファッション誌は除外しています。

○ Sweet(スウィート)
○ non-no(ノンノ)
○ Ray(レイ)
○ ViVi(ヴィヴィ)
○ Popteen(ポップティーン)
○ Seventeen(セブンティーン)
○ Zipper(ジッパー)
○ tulle(チュール)
○ ar(アール)

カジュアル寄りのガーリー系ファッションを提案している雑誌が多いです。 また、ar(アール)は他誌よりもビューティ要素が強い誌面になっており、Zipper(ジッパー)は原宿&ストリート系で、 tulle(チュール)はガーリー要素が強いですが最後の発行からしばらく経過しているので下げました。

掲載している可能性がある女性誌

ガーリー系ファッション誌ではありませんが、ガーリー系スタイルを掲載している可能性がある女性誌を紹介しています。 提案している主な系統がガーリー系~大人ガーリー系ではないので誤解のないように注意して下さい。 また、アイドル(エンタメ)雑誌やハンドメイド本などは除外しています。

○ 美人百花(びじんひゃっか)
○ CanCam(キャンキャン)
○ FUDGE(ファッジ)
○ CLUEL(クルーエル)
○ 装苑(そうえん)
○ Lula JAPAN(ルラジャパン)

美人百花(びじんひゃっか)と CanCam(キャンキャン)はフェミニン~キレイ系がメインで、 FUDGE(ファッジ)と CLUEL(クルーエル)はベーシック~トラッド系スタイルの方が多いです。 また、装苑(そうえん)と Lula JAPAN(ルラジャパン)は、モード誌もしくはカルチャー誌です。

休刊しているガーリー系の女性誌

現在は発行されておらず、休刊(事実上の廃刊)になっている女性誌を紹介します。 ここで紹介している雑誌以外にもまだありますが、ジャンルやカテゴリとして微妙だったり森ガール関連のムック本等は省略しています。

○ Olive(オリーブ)
○ CUTiE(キューティ)
○ Used Mix(ユーズドミックス)
○ nadesico(ナデシコ)
○ papier(パピエール)
○ 森ガール系の雑誌やムック

ちなみに、系統に特化しているかどうか記憶が曖昧な部分があるため、もしかしたら勘違いしているかもしれませんが、 nadesico(ナデシコ)と Used Mix(ユーズドミックス)は幅広い系統を提案していたような気がします。 また、CUTiE(キューティ)はリニューアル後を基準にしており、Olive(オリーブ)は限定復刊することがあるため注意が必要です。

Girly(ガーリー)とは

Girly(ガーリー)は英語で”女の子らしい”や”女の子っぽい”という意味があり、乙女な~や少女のような~という意味もあります。 また、Girly(ガーリー)や Girlie(ガーリー)には、良くない意味も含まれていることがあるため、 英国人や外国人に対して使う場合は Girlish(ガーリッシュ)の方が良いです。ちなみに、日本語の「ガーリー」に悪い意味はありません。

ガーリー系ファッションとは、女の子らしさのあるキュートでかわいいスタイルのことです。 女の子らしくてかわいい洋服や小物が好きな10代~20代の女の子に支持されているファッションスタイルで、20代後半~大人の女性に向けたガーリースタイルは大人ガーリー系と言われることもあります。 また、リボンやフリル、花柄をガーリー系ファッションの象徴的なディティールとして紹介しているメディアがありますが、フェミニン系と混同している可能性があります。 特に花柄は他系統のファッションでも多く取り入れられており、フリルについてはガーリー系ファッションに限ったデザインではないと思います。 さらに、少女らしさを強調している…みたいな解説をしている方もいますが、これはロリータ(ロリィタ)と混同してしまう可能性があります。 また、ゴスロリ=ロリータ(ロリィタ)と勘違いしている人がいますが、ガーリーと同様にロリータ(ロリィタ)も細分化されており、 ゴスロリはロリータ(ロリィタ)ファッションの中の一つに過ぎません。

ガーリー系スタイルはファッションの系統において大ジャンルになると思うので、無理に解説したり定義しない方がいいのではないかと思っています。 ただし、ガーリー系の中で細分化されたスタイル・テイスト・ルック等については詳細な解説をすることができると思います。 また、ガーリー系から派生したマイナーな系統(スタイル)についても解説や言及することができると思います。 例えば○○ガーリー系とかガーリー○○系、病み系・地雷系・その他時代に合わせて生まれた言葉とリンクしている系統などは、 主要なメディアや第一人者が明確に定義した方がわかりやすいかもしれません。

記事更新日:2022年9月上旬